高学年は、電ノコにも挑戦!

2014年6月19日 10:56

6月前半は、木の板を使った「ルームプレート」作り。

1枚の木の板に、すきなものを自由に描きます。

 

そう、好きなものを自由に!

そういわれると迷ってしまいそうですが、
ここの決断力が早いのがペタタの子の特徴。

いつも感動させられます。

カンガルー、カエル、ウサギ、犬、クマ、カメレオン、ゾウ、パンダ、猫、鳥、人の顔、車、家、ゲンゴロウ・・・
本当に自由。

 

そして、高学年は、さらに電ノコにも挑戦です。

PhotoGrid_1402875498087.jpg

「あ~~!緊張した!!」
「めっちゃ、手に力が入ったぁ~~!」


切り終わると、口々に安堵の言葉。

 

そして、切った木に布を貼って作っていきます。

DSC_0562.JPG

 

DSC_0564.JPG

 ほぼ完成!続きは次回。
 

これらの作品は、
もちろん、ダンボールでも代用できます。

ただ、ペタタでは
ダンボールではなく、

ハサミなどで簡単に切れない木を、
自分が描いたとおりの形にカットすることに
大きな意味を持たせています。
 

1㎝ほどの厚みのある木に描いた平面図が
目の前で、半立体となっていく。

これは、描いた本人にとっては格別なもの。

 

このワクワクを感じてもらいたい。
たくさん、経験して、
柔軟に発想して、
「あっ!いいこと思いついた☆」って、ひらめく子になってほしいのです。

 

伸ばしたいのは創造力!
ペタタは、特に、これから夏にかけて
ダイナミックに想像以上に汚れる絵の具遊びをしたり
お部屋の中で流しそうめんしてみたり
家ではできないワクワクする制作が増えていきます。

 

体験・見学受付中!
(078)351-1415
 

 

 

 



 

 

< 前の記事「 星空は、クレパスとロウのはじき絵で表現☆ 」  | ホーム次の記事「 講座【絵本と工作であそぼ!】はらぺこあおむしをちびっこも一緒 ... 」 >

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス