メダルもネックストラップも全部食べられる『金メダル』作り

2017年11月 1日 09:31

 10月後半のペタタはクッキーの金メダル作りです。


春の運動会が行われる所も多くなりましたが
春でも秋でも、運動会といえば、もらってうれしい金メダル。

今回は、メダルの部分をクッキーで
ネックストラップの部分を好きなお菓子を包み込んでつなぎ、
全部食べられる金メダルを制作しました。

制作導入の絵本は『クッキーひめ』です。

この制作は、縦割りの魅力がギュッと詰まったような制作でした。

子ども達は、どんな金メダルにしようかと
クッキー生地に混ぜ込むことが出来る3色の色でできる
丸い形の物を楽しそうの話しながら成形しています。

その姿を見て、
何を作ろうか迷っていた小さな子達もひらめいて手を動かし始めます。
これが自分で考えるきっかけになります。

* ・ * ・ * ・ *

ペタタの子達の最大の特徴は、
まず『手を動かして考える』という事が、
何のためらいもなく、
しかも年齢に関係なく出来るという事です。

第二の脳といわれる
手を
まず動かし始めることによって

思考を切り替えるスイッチとなり、
アイデアがひらめきやすい状態になっていきます。

もちろんそのためには、手を動かしたくなるようなきっかけ作りが必要です。


導入絵本や子どもたちのアイデアを
型にはめることなく楽しくシェアすることにより、

自分の頭に描くイメージが明確になっていきます。




はじめは『首から掛ける丸い形の物』というイメージから、

こんな金メダルクッキーを作ってみたい! 
この金メダルクッキーを食べたらきっとあんなこと、こんなことが起きるはず(^^)!
などというワクワクした意味付けも行われます。

その思いをギュッと1枚に凝縮した制作です。



金メダルの“金”、自分の名前入り、
ハロウィンにちなんだもの、
パンダ、ネコ、犬、ハリネズミ…

アイデアいっぱいに制作する子ども達の作品は、本当に可愛いものばかり!


好きなお菓子をつないでネックストラップも作り完成!!

どの子も、みんないい笑顔です。





ママの顔を作る!と言って
お母さんへの金メダルを作り
出来上がったらすぐにママの首にかける子も、何人もいて、

見ているこちらまで嬉しくなりました。


制作途中で何度もママの雰囲気を思い描き、
丁寧にクッキーに模様を付けています。


大好きな気持ちをまっすぐに表すことの出来る年齢、

大好きというには照れくさいけどお母さんを作ってそっとプレゼントする年頃の子などもいます。

そんな思いもみんなわかってお互いの良さを認め合うことが出来たのも、縦割りの魅力ではないでしょうか。



*******

◆アトリエペタタの教室は、
園児(3才)から小学6年生までが対象です。

体験・見学を随時受け付けています。


◆未就園児(2才)のベビークラスは、親子で参加します。
2才になった翌月から、お申し込みできます。


◆ペタタの制作は、全て絵本を導入にしています。
絵本から広がる制や、絵本の選び方、日々の生活への取り入れ方などを学ぶことのできる
【ペタタ 絵本講師養成講座】を開講しています。

第8期は、11月8日から
第9期は、来年7月に予定しています。

詳しくは
http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/62486/
をご覧ください。

******

上記に関するお問い合わせ・お申し込みは
アトリエペタタまで
メールまたはお電話でお願いします。

メール info@npo-petata.net
電話 (078)351-1415


アトリエペタタ
神戸市中央区多聞通5-3-10

ホームページ
http://www.petata.net/

< 前の記事「 ハッピーハロウィン!2才児さんは衣裳作り、通常クラスはクッキ ... 」  | ホーム次の記事「 運動会を彩るフラッグ② (1~2才児) 」 >

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス