順風 追い風 時津風! 積み木の船もいざ出航!

2017年9月 4日 11:12

爽やかな季節になりましたね。

暑さを逃れる夏の涼しさとは違い、この爽やかな涼しさは”新涼”といいます。
秋の季語で、まさに すがすがしく 新たな季節の始まりを感じさせてくれます。

ペタタ近くのハーバーランドでは、昨日結婚式が行われていて、

ちょうど通りかかった時に色とりどりの風船が放たれ
とても幸せな気持ちになりました。

 

DSC_2371.jpg



結婚式など、お祝いの言葉でよく
「末永く順風満帆で…」耳にしますよね。

追い風を帆いっぱいに受けて船が軽快に進むことから
物事が思い通りにすべて順調に進むという意味を持ちます。


そして
順風、追い風と同じ気象用語の ”時津風(ときつかぜ)”

お相撲のイメージもありますが
それだけすてきな言葉の響きがある証。

時津風は、”良いタイミングで吹く追い風”の事です。


さて、昨日のペタタは、オプションクラスの積み木教室です。
帆こそありませんが、みんなで積み木の船を作りました。

_20170903_193545.JPGのサムネール画像のサムネール画像



積み木教室は、ペタタに通う生徒さんのオプションクラスで

園児~小学低学年の希望者を対象に
1・3・5・7・9・11月(奇数月)の日曜に行っています。



各クラス定員7名までで、1時間。
年齢別の立体図形遊びから、絵本、そして共同制作を行います。

 

 

昨日の導入絵本は

350_Ehon_90224.jpgのサムネール画像

『オセアノ号、海へ!』

海上と海の中を表わしたしかけえほんです。
この夏の絵本作りのカリキュラム以降
いろいろなしかけ絵本を楽しんでいます。



そして、みんなで協力して船をつくりました。
中には椅子を設置しています。

DSC_2345.jpg園児クラス)



小学低学年クラスは
27個の立体図形遊びや展開図あそびを楽しみ
船作りに移りましたが

「やっぱ窓がほしいな~。」という声から
急きょ、一人乗船用の船に変更し
ジャンケンで順番に乗り込み記念撮影です。

DSC_2369.jpgのサムネール画像


DSC_2362.jpg

操船中です(笑)
飾り気もないいたって普通の形の積み木だからこそ
豊かな創造力が育まれます。



もちろん、ペタタの教室でも年に1度は積み木のカリキュラムが入りますよ!
今年は10月前半のカリキュラム『お部屋をジャングルに』です。

この場合は、積み木オプション教室とは異なるため、
立体図形遊びを除く 90分の共同制作です。


見学・体験なども、是非ご参加ください。

お申し込み・お問い合わせは
メールまたはお電話でお願いいたします。

メール info@npo-petata.net
電話 (078)351-1415


 

 


 

< 前の記事「 なぜ、花火は夏の風物詩なの?~のびのび楽しむベビークラスの花 ... 」  | ホーム次の記事「 【参加者募集】宮城県名取市で開催!『親子で作る非常用持ち出し ... 」 >

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス