種からどんな芽が出るの??ペタタ絵本作り始まってます! ~体験教室とイベントのお知らせ

2017年7月12日 20:08

今日の神戸は梅雨特有の蒸し暑い1日でした。

今日から、七十二候では
季節の花でもある蓮が咲き始めるころという意味の
『蓮始開(はすはじめてひらく)』です。

夏の夜明けと共に咲く、美しく清らかな蓮の花。
実は、生命力は驚異的で、2000年前の種も発芽するそうです!!


さて、種といえば、
ペタタでは 春に制作したタイルアートの植木鉢を返却する際に、
一緒に 藍の種をプレゼントしました。

ペタタの教室の前のプランターでも、スクスクと藍が育っています。


次回のカリキュラムは『藍の生葉染め』
それに合わせ、子どもたちも
『種から芽が出る』をテーマにした絵本作りが始まっています。


前回、ダイナミックに染めた和紙などを使い
コラージュで仕上げる絵本作り!

350_Ehon_91324.jpg


絵本『ふしぎなたねやさん』を導入に
子ども達が柔軟な発想で、思い思いのお話を作ります。


そのイメージを
手を動かしながら考えるため
文字を書く前に、先ずコラージュで絵を作ります。


今回は1回目の制作の為
まだ途中ですが、これは3才の子の作品

お米を1粒植えたら、
オニギリの芽が出てきて
木にたくさんのオニギリが出来るそうです。


こちらが、そのオニギリの芽です!

DSC_1058.jpg


染めた和紙の色合いが、とっても素敵です。




こちらが、小学1年生のお話。

あるところに鉛筆の芯にそっくりな種があって
芽がでたら、鉛筆だった!

DSC_1063.jpg

この後、木に鉛筆が鈴なりになります。
100点取れる鉛筆だそうです。

1年生、一生懸命 学校で頑張ってるんですね・・・。




そして、こちらは4才の作品

あるところに落ちていた白黒のチェックの種。
それを植えたら・・・

なんとペンギンの芽!

DSC_1066.jpg




他にも、3才の子は、
金魚のなる木が出来るお話を作ったのですが

あるところに道に落ちていた
金魚の種は、こんな感じ。

DSC_1060.jpg



さすが
やわらか頭のペタタの子、

その発想が素晴らしい。
絵本の完成が待ちきれません~!


次回、藍の種から作る染め物と一緒に
絵本作りの続きを
たっぷり楽しみたいと思います。



**********


【ペタタ・夏の体験教室 開催】

7月26日/8月2日 
『のびのび絵の具制作!海の中のコラージュ絵画』

◆7月26日(水)
午後2時から
対象は年長~小学2年生まで
《残席:2》

◆8月2日(火)
午前10時30分から
対象は園児(年少~年長)
《残席:1》

料金は いずれも1,000円です。
汚れてもいい服装でおこしください。

お申し込み、お問い合わせはメールまたはお電話でお願いします。
お申し込みは先着順となります。


************


【8月6日 ペタタのイベント開催】

ためしてびっくり!絵本からひろがるサイエンス
暑さを吹き飛ばすすっぱいものパワーの不思議に迫る!

すっぱい絵本の読み聞かせライブ
簡単デザート作りのサイエンスクッキング
歯医者さんに講師に来ていただき『歯とお酢のひみつ お酢を使ったオモシロ実験』など

場所 アトリエペタタ
対象 幼稚園年長児ごろ~小学生の親子 30組
料金 700円

こちらも、お申し込みお問い合わせは、メールまたはお電話でお願いします。

メール info@npo-petata.net
電話 (078)351-1415




 

< 前の記事「 絵本からでも 震災について考える事が出来ます。 《親子で防災 ... 」  | ホーム次の記事「 【参加者募集】ためしてビックリ!絵本からひろがるサイエンス 」 >

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス