藍で染める『ろうけつ染め』 五感で花火を楽しみながらの制作

2015年9月 4日 23:26

ペタタはここ数年、夏に染め物を行っています。

Tシャツのマスキング染めやエプロンのレインボー染めなど、

毎年その染色方法は変えています。

なかなか出来ない珍しい経験をしてもらいたいという思いと、
水をざぶざぶ使って染料を落とすこともあり、ボディペインティングなどと同じ夏の時期を選んでいます。

 

今年の染め物は、藍染です。さらにろうけつ染めにしています。

 

導入絵本は『ねこのはなびや』です。

 

350_ehon3729.jpg

絵本の中の素敵な花火!
自分
たちがこれまで見てきた打ち上げ花火とイメージを重ね合わせながら

「こんな花火があったらいいな~と、年齢を問わずドキドキするような

仕掛け花火が満載です。

さらに、その匂いやワクワクを呼び起こすべく
1人1本の
線香花火を行って、

DSC_2231.jpg


その後にイメージする自分だけのオリジナル花火の絵を
カバン
に描きました。

 

IMG_0708.jpg

 

 


描いた後は、色止め剤を塗ったりロウを塗ったりと何工程も行い、
最後にいよいよ
「藍液」に入れます。

IMG_6231.jpg 

「くさ~~~い」と鼻をつまむ子も続出でしたが、自分のカバンを
しっかりと藍液に漬けこんでいました。

DSC_2165.jpg


染め液から取り出したばかりの時は黄緑色だったものが
酸化するにつれ藍色に変わって
いく様子も体験できました。

IMG_0993.jpg 

嬉しそうに出来上がったカバンを持ち帰る子ども達がとっても可愛かったです。

DSC_2209.jpgDSC_2109.jpg

DSC_2119.jpgDSC_2106.jpg
(作品の一部)


 

 PhotoGrid_1441349548555.jpgのサムネール画像

< 前の記事「 今日の絵本講師養成講座の様子。第4期生は9月より募集! 」  | ホーム次の記事「 ビックリする程たくさんの『積み木』で作る建造物 」 >

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス