【参加者募集】宮城県名取市で開催!『親子で作る非常用持ち出し袋』

2017年9月 5日 13:49

晴れた日の秋の空は、どこまでも青く澄んで高くて本当に爽やかですね。


ですが、お天気が変わりやすいのも秋の空。

夏から秋に季節が移ろうこの時期は
やはり台風に注意が必要な頃でもあります。

台風や台風並みの強い風は、
古くは野分(のわき)と呼ばれていました。(※”のわけ”とも呼びます)


野の草や木を吹き分けるほどの強い風が吹くためで
台風の発生しやすい秋の季語です。



日本は台風の多い国です。

そして、自然災害としては
やはり
地震の多い国でもあります。

こうした台風や地震などの自然現象、
火災などの災害に、やはり防災・減災に対する日ごろの備えが大切です。



絵本とアート制作を主軸に
神戸で活動しているアトリエペタタでは、

神戸以外の各地でも防災イベントを行っています。

_20170822_154228.JPG



音楽療法士による絵本に合わせた音楽と プロの読み聞かせを通して
親子で災害について
『絵本』を通して考える機会を提供し、

親子で、真っ白なキャンバス地のナップサックに絵を描いて
世界に一つだけの
かけがえのない非常用持ち出し袋を制作します。

2017 福山市医師会.jpg


1503315568173.jpg

防災バック.jpg

 

2017 福山市医師会 防災袋.jpg


2017年は、1月に神戸、7月に広島県福山市、
8月は熊本県熊本市で開催しました。

今月(9月24日)は、新潟県糸魚川市で、

そして来月10月8日に 宮城県名取市で開催します。

只今、参加者募集中です!
是非この機会にご参加ください。

 

DSC_1981.jpg


*****

【日時】 2017年10月8日 午後2次30分~4時15分
【場所】 名取市文化会館 小ホール
   (宮城年名取市増田字柳田520/TEL(022)384-8900

【募集人数】 親子またはご家族40組(先着順)
【参加費】 無料

【お申し込み・お問い合わせ】
NPO法人アトリエ・Petataまで、メールまたはお電話でお願いいたします。

メール info@npo-petata.net
電話 (078)351-1415


*****

ぜひ、この機会に
親子やご家族で、改めて防災は減災について
話し合う機会を提供できるよう
1人でも多くのご参加を心からお待ちしております。



このイベントは
兵庫県復興サポート事業の助成活動です。

兵庫県復興サポート事業助成
及び
国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金の助成を受けて開催します。
 

< 前の記事「 順風 追い風 時津風! 積み木の船もいざ出航! 」  | ホーム次の記事「 【参加者募集】絵本を介し アート制作を通した ペタタならでは ... 」 >

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス