カテゴリ ペタタの教室の最近のブログ記事

先月、絵の具が入った袋を天井から吊り下げブンブン回して
絵の具まみれになって楽しんだ絵肌作り。

DSC_0739.jpg


DSC_0819.jpg

DSC_0906.jpg

 


この時に染めた紙が乾き、たくさんの素材が出来上がりました。
とっても綺麗な色です。

_20170727_083443.JPG


これを使った絵本作りが始まっています。


自分たち作ったカラフルな素材を使って
コラージュを楽しむ。
手を動かしながら考えイメージを形にしていく。
型にとらわれることなく自由なお話作り・絵本作りを楽しむ。

この3つがこの活動のねらいです。

テーマは、
この春に、作った植木鉢を返却する際に配った藍の種と
この夏に制作する藍の生葉染めにあわせ

『種から芽が出て出来るもの』です。


制作の導入には
ポップアップ絵本やコラージュで制作している数冊の絵本を紹介しながら
絵本は『ながーいおはなのブタくん』を読みました。

350_ehon10663.jpg


ページの見開きを使ってポップアップさせる仕組みがよくわかりますす。
短いお話とラストの衝撃が楽しめる絵本で

子ども達は「どうやって作ってるんやろ?」
と、その仕組みを調べて
自分の制作に活かそうとしていたのが印象的でした。

 

さて、ペタタの絵本作りですが
お話のあらずじを簡単に考えて
そこから絵を作り
最後にお話を書きこむ予定です。


3~4才児などは子ども達の言葉を拾ってこちらで書き込みます。

また、小学校高学年の子の中には、
お話を書きこまず絵だけで表現する
絵本を制作中の子もいます。


染めた紙がどれもどの色も素敵で、
小さくなった切れ端ですらもったい位!
その紙を使ったコラージュと
優しい水彩絵の具の色合いと、
子ども達の豊かな発想が相まって

本当に愛おしいページが次々と出来ています。



こちらは、小学1年生(男子)の作品の1ページです。

DSC_1063.jpg

折れた鉛筆の芯を植えたら、
鉛筆の芽が出て…


大きくなった木には鉛筆が鈴なりです。

DSC_1062.jpg

この鉛筆は100点を取ることが出来る鉛筆だそうで

その無邪気な発想の背景には、

小さな1年生が
この春の入学からの1学期間を頑張ってきた様子が伺え
胸が熱くなります。

どの絵本も、8月末までに完成予定ですが
楽しみで楽しみで、待ちきれないくらいです。

子ども達の瑞々しい言葉をアートで表現し
まさに“今”を切り取ったかけがえのない作品になるでしょう。





  

待望の藍染のカリキュラムが始まりました!

これまで、ペタタでは藍を使った“ろうけつ染め”、
カラフルな染料を数色使って染める“レインボー染め”など様々な種類の染物をしてきました。

ですが、こうして種から育てたタデアイの生葉を使うのは初めてです。


こちらが、教室前で育てている藍

DSC_1148 (1).jpg



生葉のたたき染めの様子です。

DSC_1156.jpg



生葉を手でもむ生葉染めです。

DSC_1155.jpg




種からの発芽についてはこの春夏のテーマのうちの1つで、

前回から行っている絵本作りのカリキュラムと併せ よりイメージしやすくしています。

ちなみに、子ども達は
種から芽が出て不思議なものができるというテーマに絵本を作っていますが
そこに出てくる種は、想像力豊かで本当にワクワクします。


高学年になるほど複雑な種です。
水蒸気が集まって乱反射し虹色に光っている種、
自分そっくりの種、
花びらの様な種、
三日月のかけらの種…などしっかり絵本のお話に結びつけた素敵な種を思い描いています。


その反対に、小さな子になればなる程 自由な発想で、
消しゴム、折れた鉛筆の芯、米つぶ、やぶれた風船など、
すでに種ではなさそうなものを埋めて不思議で楽しい芽が発芽しています()

ところで、本物の植物の種ですが、
小さな種からビックリする程大きな種までこれらも実に不思議な形をしたものがたくさんあります。

ちょうど小暑から 明日の大暑に向かうこの時期は、
蓮の花が咲きはじめる季節 (※七十二候では今年は712日~716日蓮始開 ハスハジメテヒラク)ですが、
蓮は2000年前の種でも発芽するそうで、その生命力にも驚かされます。


低学年のお子さんで、もし自由研究のテーマを迷っている場合は、
お家の人と一緒に種集めをしてみてはいかがでしょうか。

キウイ、リンゴ、桃、トマトなどスーパで売っている身近な食材からでも、種はたくさん取れます。

350_ehon13672.jpg


種の絵本や図鑑などは 色々ありますので、
照らし合わせて調べてみることで、きっと新しい発見があるはずです。


昔、ペタタでパイナップルのレリーフ絵画を制作した時、
パイナップルを切るたびにみんなで種を探して発芽させたことや、

『はつか大根は本当に20日で発芽するか?』と実験したことを懐かしく思います。

時間のある夏休みこそ、ゆっくりじっくりと調べ物を楽しんで下さい。


さて、話は戻りますが、春に配布したタデアイの種もゴマよりも小さな種でした。
あの種から出た葉が、いにしえからの染め物に大きな役目を果たしていることも驚きです。
こちらが、今回制作している藍染です。

さすがに生葉だけではここまでの量が染められないため
藍液を建てていますが、酸化し得て紺色に変わる不思議などを体験しています。

_20170722_075241.JPG




今回の『藍の発芽と染め物』を今夏の自由研究にする子も多い様です。
ぜひ、お家でも藍を育て、花まで咲かせて種も収穫してみて下さい。

また、他の草花での染物やたまねぎの皮の染物などにも是非挑戦してみてください。


身近にワクワクすることはいっぱいです。体験をリンクさせて季節を堪能してみて下さい!


今日の神戸は梅雨特有の蒸し暑い1日でした。

今日から、七十二候では
季節の花でもある蓮が咲き始めるころという意味の
『蓮始開(はすはじめてひらく)』です。

夏の夜明けと共に咲く、美しく清らかな蓮の花。
実は、生命力は驚異的で、2000年前の種も発芽するそうです!!


さて、種といえば、
ペタタでは 春に制作したタイルアートの植木鉢を返却する際に、
一緒に 藍の種をプレゼントしました。

ペタタの教室の前のプランターでも、スクスクと藍が育っています。


次回のカリキュラムは『藍の生葉染め』
それに合わせ、子どもたちも
『種から芽が出る』をテーマにした絵本作りが始まっています。


前回、ダイナミックに染めた和紙などを使い
コラージュで仕上げる絵本作り!

350_Ehon_91324.jpg


絵本『ふしぎなたねやさん』を導入に
子ども達が柔軟な発想で、思い思いのお話を作ります。


そのイメージを
手を動かしながら考えるため
文字を書く前に、先ずコラージュで絵を作ります。


今回は1回目の制作の為
まだ途中ですが、これは3才の子の作品

お米を1粒植えたら、
オニギリの芽が出てきて
木にたくさんのオニギリが出来るそうです。


こちらが、そのオニギリの芽です!

DSC_1058.jpg


染めた和紙の色合いが、とっても素敵です。




こちらが、小学1年生のお話。

あるところに鉛筆の芯にそっくりな種があって
芽がでたら、鉛筆だった!

DSC_1063.jpg

この後、木に鉛筆が鈴なりになります。
100点取れる鉛筆だそうです。

1年生、一生懸命 学校で頑張ってるんですね・・・。




そして、こちらは4才の作品

あるところに落ちていた白黒のチェックの種。
それを植えたら・・・

なんとペンギンの芽!

DSC_1066.jpg




他にも、3才の子は、
金魚のなる木が出来るお話を作ったのですが

あるところに道に落ちていた
金魚の種は、こんな感じ。

DSC_1060.jpg



さすが
やわらか頭のペタタの子、

その発想が素晴らしい。
絵本の完成が待ちきれません~!


次回、藍の種から作る染め物と一緒に
絵本作りの続きを
たっぷり楽しみたいと思います。



**********


【ペタタ・夏の体験教室 開催】

7月26日/8月2日 
『のびのび絵の具制作!海の中のコラージュ絵画』

◆7月26日(水)
午後2時から
対象は年長~小学2年生まで
《残席:2》

◆8月2日(火)
午前10時30分から
対象は園児(年少~年長)
《残席:1》

料金は いずれも1,000円です。
汚れてもいい服装でおこしください。

お申し込み、お問い合わせはメールまたはお電話でお願いします。
お申し込みは先着順となります。


************


【8月6日 ペタタのイベント開催】

ためしてびっくり!絵本からひろがるサイエンス
暑さを吹き飛ばすすっぱいものパワーの不思議に迫る!

すっぱい絵本の読み聞かせライブ
簡単デザート作りのサイエンスクッキング
歯医者さんに講師に来ていただき『歯とお酢のひみつ お酢を使ったオモシロ実験』など

場所 アトリエペタタ
対象 幼稚園年長児ごろ~小学生の親子 30組
料金 700円

こちらも、お申し込みお問い合わせは、メールまたはお電話でお願いします。

メール info@npo-petata.net
電話 (078)351-1415




 

神戸のここ数日のお天気は、雨。かなり湿度も高めです。

じめじめして蒸し暑いころ、気になるのが食虫毒ですが
むかし、中国で食中毒になった若者に煎じて飲ませたのといわれる”しそ”

若者が回復したため、紫の蘇る草として”紫蘇”と名付けられたという逸話もあるしそは
梅と一緒に八百屋さんやスーパーで見かけることも多いですね。

しそには、青じそと赤じそがありますが
この季節限定が、赤じそ。

赤じそで作るジュースの鮮やかな天然色は
本当に綺麗!

PhotoGrid_1498810927974.jpg

 

『葉から色を出す』
という制作では、
今月の後半のペタタ『藍の生葉染』で行いますし


『酸と反応して鮮やかな色になる事』については
8月6日の
『お酢の不思議!アートサイエンス』のペタタのイベントで行いますので、

どちらも、その時に詳しくお伝えするとして・・・


今回は
この赤じそジュースの様に、

目に鮮やかな
楽しい色水あそび制作の様子です!


ジュースの絵本はたくさんありますが、

じゃぐちをひねるとジュースが出る
 

350_Ehon_105103.jpg

『うそだあ!』
子ども達に大うけの絵本です!

…ただ、ジュースの場面はそこだけですので、


色水ジュース遊びアート
の、制作導入の絵本としては 

いろいろジュースが楽しい

350_Ehon_26840.jpg

『ポポくんのミックスジュース』です。


たっぷり作った3原色の色水を自由に配合し
混色を存分に楽しみます。

IMG_0112.jpg



出来上がったたくさんの色をスプレーボトルに入れ
和紙に色をつけて簡単ランプシェードの出来上がり!
 

PICT0007.JPG

 

DSC_2359.jpg



PICT0010.JPG

ダウンロード (1).jpg



一番気に入った色は、スライムにしても楽しいですよ!
スライムをゆるめに作ってペットボトルに入れれば
スライム時計の完成です。
 

 

PICT0028.JPG


色の混ざる不思議は、無限大!
赤+白=ピンク
青+赤=紫
だけではない、微妙な色作りは
頭でわかっていても、体験しないとわからない答えがいっぱいです。

思う存分、のびのびと楽しんでもらいたいと思います。

 

◆アトリエペタタの読み聞かせアートメソッドを凝縮した
指導者講座は、次回は秋冬編として12月に行います。
(詳しくは、開催月近くにお伝えします)


◆ペタタの絵本講師養成講座 第7期は
7月26日から全5回に渡って開催。
絵本の選び方や読み聞かせ方などの絵本のことだけはもちろん、
絵本からひろがる様々な遊びの発展方法を学びます。

詳しくは、このブログの前のブログをご覧ください。
 

◆ペタタの夏の体験教室や
8月6日のイベントについて詳しくは、後日アップします。


アトリエペタタ
神戸市中央区多聞通5‐3‐10

電話(078)351-1415
メール info@npo-petata.net

この夏のペタタのカリキュラムは
アートボックスの制作と、絵本の制作を行います。

ちょうどこの時期はその準備に取りかかっています。

準備というか、こちらがメインというか・・・!??

19260525_1523150911092329_1793460821268393669_n.jpg



作品に使用する為の、コラージュ用の素材の制作。
各クラス、色とりどりの紙をたくさん作っています!!
派手にやってますよ~。

19399850_1523151027758984_2403773438843857310_n.jpg

19366279_1523150967758990_6228638607922882816_n.jpg

 

19430167_1523151107758976_6056859291870489395_n.jpg




なお、夏のペタタの教室では、
1回で完成する作品作りではないため

体験教室については
通常クラスでのご参加は出来なくなります。


★夏休み中に体験教室をお考えの場合は、
別カリキュラムの 『夏休み・体験クラス』
でのご参加をお願いいたします。


★普段のクラスの様子を見ながら体験教室に参加したい
とお考えの場合は、

6月下旬までのクラス
または
9月からのクラスにご参加ください。


ちなみに、今回の制作導入絵本は、
『せんたくかあちゃん』

 

350_4-8340-0897-5.jpg

梅雨時期に、派手に汚してすみません~。


************************

アトリエペタタの見学・体験教室
対象年齢:年少~小学6年生まで
開催日:月~土曜日(月2回)
詳しくはホームページの時間割をご覧ください


ベビークラス
対象年齢:2才なった翌月から
開催日:毎月第2・3火曜日(ベビークラス)+第4火曜日(えほんのひろば)


◆アトリエ・ペタタのホームページ◆
http://www.petata.net/

◆Facebook◆ 
最新情報をいち早くお届け!!   
https://www.facebook.com/npo.petata


◆所在地◆
神戸市中央区多聞通5丁目3-10


◆電話番号◆
(078)351-1415

◆定休日◆
日曜日

ストロベリームーンの今夜

ペタタでも、素敵な月が描かれました

宇宙または深い海の中の
どちらかを描く
『スクラッチのガラス画』の制作!

制作導入の絵本『そらのうえうみのそこ』も子ども達に大好評です。
 

19059644_1505626676178086_5301126868733092755_n.jpgのサムネール画像のサムネール画像

18921713_1505626712844749_2775629726903880798_n.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 6月前半のペタタの制作が、今日から始まります!

今回は『ガラス&スクラッチ絵画』の制作です。

前回、ガラスエッジングを体験したので、
今回は、そのイメージを大切に
ガラスに色をつけてみます。

さらに、スクラッチと合わせて
海の中か宇宙のどちらかを表現!

導入絵本は

 

61GuS-MACNL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg


『そらのうえ うみのそこ』

絵本に表と裏がなく、
どちらからも読み始められます。


そう!
この『そらのうえ』を裏返すとの…

91c7q-byN2L.jpg

『うみのそこ』が表紙なのです。


たのしく制作していきます!


さて、今回のアトリエペタタ通信も出来上がりました。
今回のコラムは

『子ども達に絵本を通して伝える季節のことば』
です。
http://mbp-kobe.com/npo-petata/column/61374/
↑↑ こちらにアップしています。

ぜひご覧ください(^^)

 

 

 

6月に入りました。

水無月『水の月』は旧暦の6月。
今の暦でいえば、もう少し先です。

それでも、6月といえば
『梅雨』を連想しやすいですね。


6月4日に、
ペタタの絵本講師養成講座を受講された方、
または年内に受講予定の方を対象に

指導者のための講座を開講します。

12年ペタタで行ってきた絵本の読み聞かせアート(=ペタタント)のメソッドを
保育の現場やご家庭で実践しやすい様にアレンジしたもので

絵本からのイメージを、絵の具、ネンド、染め物、技法など
たくさんの『制作あそび』に分けています。


次回は、春夏の読み聞かせアートですが

その中で使用するパワーポイントの最終チェックを行っていて、ビックリ。

いかに、発信していないかいに愕然。
ブログ、コラム、Facebook・・・

どれにもアップしていない
という制作が・・・かなり有りました(>_<)


その中でも、これからの季節にピッタリな

『いろいろな技法であそぼ!』
 

絵の具を使った たくさんのたのしい技法で制作しているコラージュ絵画です。

13412921_1073051036102321_3295970088459443592_n.jpg


はじき絵、吹き流し、大工さんの墨付けをヒントに考案された絵の具あそび、
クレパス、水彩、アクリル絵の具を使っています。
 

13417624_1073050976102327_1739298715534335327_n.jpg



これは、保育園造形指導のもので
対象年齢は、4~5歳児。


導入絵本は『あめふりさんぽ』です。

350_Ehon_102276.jpg



どの作品も、本当に可愛い!!

責任を持って、もっとしっかりと発信していこう。
そう決めた6月1日でした。

Facebookが一番早いのですが
このブログでも、日々の制作や絵本などをこまめにアップしていきます。

また、マイベストプロでは、教室で配布するアトリエ通信やコラムなどを
その都度アップしていきますので
宜しくお願いいたします。

 












 

 カラーサンドをふんだんに使って瓶に詰めサンドアート制作!

…で、その前に、軽~く
楽しい砂絵あそびです。
1人1輪づつ作った花が大きな木になりました

 5月前半のペタタは癒し系。

教室内に砂場が出現

砂絵→サンドアート→箱庭風アートの3つを一度に楽しんでます

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、テーブル、子供
画像に含まれている可能性があるもの:飲み物
自動代替テキストはありません。
画像に含まれている可能性があるもの:飲み物
アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス