星空は、クレパスとロウのはじき絵で表現☆

2014年6月18日 09:20

毎月の保育園指導で、今月のテーマは「星空」です。

ペタタでは、ベースを作り
これを各担任の先生がアレンジして、壁面制作にします。
 

全学年、クレパスを使って「はじき絵」を楽しみますが

4、5歳児は、クレパスにだけでなく、「ロウ」も使ってみました。

 

ロウを溶かしている間に、クレパスで星座のように、星をつなぎます。

DSC_0588.JPG

 

ロウが、どろどろの液状になることも、子ども達にとっては不思議なこと。

それを筆につけて、点々・・・と紙につけていきます。

熱いから 気を付けて、慎重に慎重に…。

DSC_0589.JPG

 

そして、仕上げに 黒と青の絵に具を混ぜて作った「夜空の色」をハケで大胆に塗っていきます。

DSC_0593.JPG

クレパス以上にくっきりと浮かぶロウのはじき絵に

みんな、「お~っ」と感動(#^.^#)

 

普段、なかなかできない経験や体験を少しでも増やし

心の財産を増やしてほしい、創造力を伸ばしてほしいと願っています。
 

ペタタでは、園の年間指導や出張教室も行っています。

お問い合わせは(078)351-1415

 

< 前の記事「 アトリエでは汚れますか?と聞かれたら・・・ 」  | ホーム次の記事「 高学年は、電ノコにも挑戦! 」 >

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス