保育園4・5歳児の造形指導に使った絵本「ちびっこかたつむり」 おすすめです!

2013年6月14日 14:39

 作日は、兵庫区内の保育園にて、4・5歳児の造形指導。

紙粘土で梅雨のお花「アジサイ」の制作導入で読んだ絵本は「ちびっこかたつむり」。

 DSC_1951.JPG

お話の中に、

「アマガエルは雨に濡れると元気もりもりだけど

カタツムリは、水びたしになると息をする穴が詰まってしまうから雨宿りするんだ~」

などと書かれていて

「え~~!知らんかったぁ~!かたつむりって雨が好きなんとちゃうん!??」と子ども達もびっくり!
さっすが4・5歳児!!反応がすばらしい!

 

反応・・・といえば、ジャンプできないカタツムリが

葉から葉へ移動する写真がコマ撮りされているのですが

1コマづつ見て、「ふ~やっと到着」

という所で、子ども達から自然に拍手が沸きました!

 

本の世界に引き込まれることに加え、

この園の子達が普段の保育内やご家庭で絵本に触れる機会が多く、

子ども達自身とっても素直なんだなぁ~と感動しました。



他にも、ちょうちょうが登場したり、カタツムリが舌をつかってアジサイの花を食べる様子が書かれていますし、

巻末にはカタツムリのひみつが載っていて、

この時期おすすめの絵本です。

(3歳児にも同じ絵本を読みましたが、楽しそうに一生懸命聞いていました。

男の子女の子かかわらず、ちょうど3~5歳児に良いと思います。)

 

ちなみに、紙粘土のアジサイ制作もとっても素敵な作品が出起ました!

制作の様子は後日アップします。

 

 

< 前の記事「 絵本コンサートには「ジャンベ」も「ギロ」も「レインスティック ... 」  | ホーム次の記事「 楽器工作で参加のコンサート!楽しみました。 」 >

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス