絵本からでも 震災について考える事が出来ます。 《親子で防災・減災を考えるペタタの取り組み》

2017年7月 7日 14:42

今日は七夕、そして暦の上では小暑です。
本格的な暑さが到来する前、だんだん暑さが増してくるという意味です。

そして5日ごとに変わる日本の72の季節 ”七十二候”では

今日から『温風至(あつかぜいたる)』になります。

夏の季語の暖かい南風のことをさしています。


吹く風が繋がっていることを
静かに強く心に語りかえけように描いている絵本が

『ぼくがラーメンたべてるとき』
 

ダウンロード (2).jpg


ぼくがラーメンをたべている時
その時に吹いている風はつながっいて

となりの家の子はその時・・・。
となりの町の子は・・・。
となりの国の子は・・・。
そして知らない国の子が・・・。

小さな子には
奥が深い部分については少し難しいかもしれませんが、
それでも
 読み聞かせの時、子ども達は真剣に聞いています。



最後のページに倒れた子どもの絵画が描かれています。
その子はその後どうなるのでしょう。

本文のページが終わり絵本を閉じるときに答えがわかります。


子ども達 それぞれの年齢、それぞれの感情で
この絵本を受け止めています。

**************

この絵本を通して、私たちが
今こうしている瞬間にも
日本のいたるところで、
世界中の国々で様々なことが起こっているという事を再認識することができます。


この数日の大雨で、甚大な被害を受けた皆様にとは
非常に長く厳しい1日をお過ごしの事でしょう。
どうか
1日も早く、心穏やかに過ごすことが出来ますように。



自然災害は、いつ誰の身に起こるかなど、全くわかりません。

そのための備えとして
防災・震災学習が積極的に取り入れられています。

 

避難訓練などが園や学校で行われ、
少しづつ意識する機会も増えますが

その前の年齢にあたる
未就園児の親子世代などはどうすればいいのでしょうか。


その世代にもわかりやすい防災・減災を!
と、神戸新聞主催の
『子育て世代の防災意識啓発』グループ交流会が
昨日開催されました。

_20170707_142302.JPG



NPO法人アトリエペタタの取り組みについても
事例報告を行ってきました。
 

_20170707_142226.JPG



絵本から広がるアート制作を行っているペタタならではのアプローチとして

絵本×防災・減災をテーマに

震災関連絵本3~4冊と音楽療法士による演奏、
そして真っ白な非常用持ち出し袋に親子でお絵描きします。

_20170707_230528.JPG



防災について各ご家庭で再確認する機会を提供している
『お絵描きで手をつなごうプロジェクト』の事例報告です。

 

ご参加頂いた方々からは

◆ニュースなどで災害について知ることはありますが、絵本を通しても考えることだ出来るとわかり、
絵本は奥が深いと思いました。絵本とアート制作との内容が繋がっているところがとても興味深かったです。

◆忘れかけていたことが、このイベントををきっかけに改めて思い出され、考えるきっかけになりました。非常用持ち出し袋を手作りして、心の築き上げることが出来ました。震災関連の絵本に、私(保護者)が涙をしてしまいました。絵本を通してでも震災の事を上手く伝えることが出来え、すごく考えさせられました。

・・・などの声を頂いています。
 



今年は、5月神戸、7月広島県福山市、8月熊本、9月新潟県糸魚川市(予定)、10月宮城県
そして来年1月にもう1度神戸で行います。




なお、ご家庭ですぐにでもできるのが
絵本の読み聞かせです。

絵本を介して震災を知ることについては
簡単に取り入れることが出来るはずです。
 

ダウンロード (4).jpg


 

ダウンロード (3).jpg

 

350_Ehon_81715.jpg


 

ダウンロード (5).jpg

 

5103KKqnxZL._SX388_BO1,204,203,200_.jpg


ぜひ、親子で絵本からの震災について思いを寄せていただければ
と思います。

 

**************

『子ども達に体験をリンクさせる読み聞かせを!』

ペタタでは季節や年齢に合わせた
心に届ける絵本の読み聞かせを大切にしています。


ペタタ絵本講師養成講座では

◆絵本から広がる表現遊び
◆季節、年齢、テーマに合わせた絵本の選び方
◆年齢別の読み聞かせ
◆子どもをひきつける読み聞かせ方
◆生活や体験にリンクさせるノウハウ
などを、

絵本専門士として、
フリーアナウンサーとして
アトリエペタタのメソッドも含め
余すところなくお伝えします。


現在のお仕事で活かしたいという方はもちろん
子育て中の保護者の方や
図書ボランティアや読み聞かせ会など 今後絵本の読み聞かせに携わりたい方など

ぜひご検討下さい。


少人数で、全5回かけじっくり丁寧に学びます。


ペタタ絵本講師養成講座は
只今、受講生募集中です。

詳しくは
http://www.npo-petata.net/cat26/post_215.html
をご覧ください。

< 前の記事「 絵具で汚れるのは大変ですか?? のびのび七夕制作 」  | ホーム次の記事「 種からどんな芽が出るの??ペタタ絵本作り始まってます! ~体 ... 」 >

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス