兵庫区の幼稚園で講演。テーマは「幼児期にこそ伸ばしたい2つの力」

2014年3月 6日 10:24

 

昨日、兵庫区の幼稚園に講演に行ってきました。

かけがえのない幼児期だからこそ、大切に過ごしてほしい。

「幼児期にこそのばしてほしい 2つの力」
というテーマでお話しました。

 

また、絵本の読み聞かせについても触れました。

絵本の読み聞かせに力を入れている園は、保護者にも伝わります。
たくさんの絵本に触れて育った子は、実は…一目瞭然です。


様々な出張制作、講演、イベントなどで、導入に絵本を読みますが
絵本を読んでもらってる子・読んでもらってない子はすぐわかります。

決して絵本が嫌いなわけではないんですよね。

 

昨日の講演でも、

ぜひ、お家でもたくさん読んでください。
大きくなったから絵本は卒業、って言わないでくださいね
と、お話して、

1冊、絵本を読みました。
 
昨日は、講演内容に合わせ
お母さん向けの絵本を持っていっていました。
 
かあさんのこもりうた/うまれてくれてありがとう/ちょっとだけ/ねえだっこして/おこだでませんように/
おかあさんげんきですか/ぼくおかあさんのこと/ぱぱとままのたからもの
などで
その中から選んだ1冊です。
 
お母さんの代わりはどこにもいません。
頑張っているお母さんへ。
 
おかぁさん
 

講演に行くときは、いつもたくさんの絵本を持っていきます。

講演前後でも、実際に絵本を手に取って
直接お話する時間を設けているのですが
その時間が、温かく
またお母様方の熱心な気持ちも伝わり
とても大切な時間と思っています。

もちろん!!講演も大切な時間。
伝わると嬉しいです。
 

(石橋幸子)

 

 

ペタタでは講演・出張教室も行っています!

【講演テーマ】

☆幼児期に大切なもの・子育て

☆絵本講座 年齢にあった絵本の選び方

☆子どもをひきつける話し方・絵本の読み方

☆子どもの絵のメッセージ・読み解き  他

 

【お母さんの参加型 講演+簡単な制作】

☆子育て中のリフレッシュ 絵本とパステルを使ったアートセラピー

☆子どもの絵で作る簡単雑貨 など

 

【親子参加の出張教室】

☆親子でアート制作  など

 

 

 

 

 


 

 

< 前の記事「 絵本toアートdeコンサート開催しました♪♪ 長い布絵もお披 ... 」  | ホーム次の記事「 ひと口食べたら不思議なことが・・・?『魔法のパンと絵本作り』 」 >

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス