昨日、近畿地方で木枯らし1号が吹いたかと思えば、
今日は今季一番の冷え込み。
グッと秋が深まってきましたね。

さて、ハロウィンの今日
午前中は未就園児のベビークラスです。

DSC_0581.jpg


親子でハロウィン衣装を作りました。
ハサミを上手く使い、ママと一緒に楽しく制作しています。

 

 

DSC_0584.jpg

最後にお菓子のつかみ取り!
作った衣装でポーズもかわいいですね(#^.^#)


3才児以上の幼稚園児から小学6年生まではクッキングです。
本当に食べられる金メダルとして作っています。

_20171030_231052.JPG


PhotoGrid_1509334607934.jpg



ハロウィンにこだわらず、
できるだけ丸い形のものを自分で考えて作り

好きなお菓子をつなげた『レイ』に取り付けています。

PhotoGrid_1509373165924.jpg



「ママいつもありがとう♡」と、
ママの顔した金メダルをママにプレゼントする子も!

_20171030_230818.JPG

この制作についてくわしくは、また明日アップします(^^)/

 


☆★☆★☆

未就園児のペタタベビークラスは、2才になった翌月からご入会頂けます。
体験参加は随時受け付けています。

思い仕込み・お問い合わせは、
メールまたはお電話でお願いいたします。


メール info@npo-petata.net
電話 (078)351-1415
 

最近では、春に運動会をする所も多くありますが
春でも秋でも、やはり運動会は青い空が似合いますね。

青い空に彩を添える運動会のフラッグ。

描いたり貼ったり、簡単にできる制作方法がたくさんありますので
既製品よりも、断然、子ども達の描く物をおすすめします。

先日、造形指導に行っている園で運動会が開催されました。
今年のテーマは『絆』です。

そのため、園児1人1人が色を塗った木の人形をつないで展示しました。

そして、
八つ切りサイズの少し大き目のフラッグに絵を描いてつないでいきます。

子ども達の『今、この年』をギュッと凝縮した自由画です。



3才児~5才児は、クレパスを使ったはじき絵に挑戦!

DSC_1786.jpg


クレパスをしっかりと塗りこんだ方が、
きれいに はじきます。
 

*******

ところで、クレパスとクレヨンの違いですが

はじき絵には、
『クレパス』が向きます。

クレヨンは、
小さな年齢でも線画を描きやすく
透明感のある発色で、手にもつきにくい画材ですが

クレパスは、
オイルパステルともいわれるように
オイルの含有量が多いのが特徴です。

伸びが良く広い面・べた塗りにも適していて、
絵の具をはじく『はじき絵』や、重ね塗り、スクラッチ技法などに向きます。


もちろん『はじき絵』ですので
子ども達が塗り残した部分に色を補うという目的ではありません。

クレパスはしっかりと塗りこみ、
それに対して
絵の具は、多めの水で溶いた水彩絵の具を使用します。



*******

しっかりと塗ったクレパスのロケットなら
暗い宇宙の色の絵の具を塗っても、 くっきり!!

DSC_1788.jpg

 


絵の具がはじく様子を、子ども達も楽しみました。
 

DSC_1790.jpg


DSC_1794.jpg  DSC_1795.jpg



こちらは3歳児の作品です。それぞれ好きな動物を描きました。

DSC_1498.jpg



3才児~5歳児までの
たくさんの可愛いフラッグが完成しました。
運動会の空を彩ります!!




ちなみに
1才児・2才児の制作方法は、異なります。
それはまた次回、アップします。


 

 

ペタタのカリキュラムは縦割りです。

幼稚園年長児の3才~小学校6年生の12才まで。

ある程度 年代ごとにクラスを分け
画材や使用する材料、発展のさせ方こそ異なりますが

『〇〇〇の制作』
という、基本のカリキュラムは同じです。



これがとっても良い刺激!

最初は「わからない~。」と言ってた子も
周りの子達と同じようにどんどん手を動かし始めます。


******


自分で考える、自分で作るきっかけは

まず、『手を動かしてみる』ということです。

まず、素材を触ってみる、筆を持ってみる、指で形をなぞってみる…
どんな事でも大丈夫。

ただ、忘れてはいけない事があります。
実は、その場にいる大人にこそ不可欠な
たった1つのコツ!


それは『きっかけ作り』です。
指導者であっても保護者であっても同様で
そばにいる大人がきっかけを作ることです。


そのためには『教えない』ということ。
『手を動かしたくなる環境を整える』ということです。

******


ペタタでは今、クッキーの金メダルを作っています。

導入絵本は『クッキーひめ』
何不自由なくたくさん与えられているクッキー姫ですが
なんだかつまらない・・・。そう!自分で作らなきゃ!!というクッキーのお話。

絵本の後はみんなでお喋り。
運動会の季節だね。みんな金メダルだね。
食べられる金メダルがあったらいいね~。

金メダルみたいな、丸い形の物って何がある??
子ども達の言葉を拾っていきます。

どんどんアイデアを思い浮かべ
選りすぐりの1つを作っていきます。


「クッキーなんて家で出来る??」

いえいえ、そのクッキーを生み出す空間は特別!



こんな金メダルのクッキーを作ってみたい!
この金メダルクッキーを食べたら、きっとこんなことあんなことが起きるはず!?

ワクワク気分を、その1枚にギュッと思いを込める環境作りです。
 

DSC_0538.jpg



パンダ、ねこ、ハリネズミ、さかな、

フクロウ、ロケット、自分の名前入り などなど

どれも可愛い!
 

PhotoGrid_1508971581438.jpgのサムネール画像


ママの顔したママへの金メダルクッキー、
ママとパパ、どっちにもあげたいから生地を半分こして2つ作っちゃったなんて子も。

PhotoGrid_1508971525842.jpg

 ママへの金メダルを、
出来上がってすぐにママの首にかけに行く子どもの姿もあって
とっても癒されました。


自分で作って自分で考えて、
み~んな金メダルです!

 




 

幼稚園・保育園に就園前の親子で楽しむ『えほんのひろば』
毎月第4火曜に開催中

******
 

ペタタは兵庫県認定の子育てほっとステーションです。

就園前の親子で絵本にふれてほしいとの願いから、
たくさんの絵本の読み聞かせを中心に、
兵庫県音楽療法士のキーボード演奏に合わせたうた遊びや
簡単おやこ工作遊びを行っています。


昨日は14組計29名の親子が参加。

_20171025_081114.JPG

10月なのでハロウィンの絵本やどんぐりの絵本などを選書しています。

_20171025_083229.JPGのサムネール画像



絵本『どんぐりころちゃん』では
音楽に合わせ、
絵本の中のわらべうた一緒に ママのおひざからぽーん!!

_20171024_233129.JPG



歌に合わせて何度も高く飛び出し、大喜びの子ども達(^^)

1508854955467.jpg



その後、絵本『かそうパーティー』『ハッピーハロウィン』に合わせ
おやこ工作です。



ママと一緒にはさみでチョキチョキ~
紙コップにペタペタ~
楽しみながら簡単に紙コップから作る事の出来る

『ジャックオーランタンのお菓子入れ』の完成!
 

10月.jpg


おみやげのお菓子も入っています。

_20171025_085337.JPG


次回もお楽しみに!

ペタタの『えほんのひろば』は、
国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金の助成を受けて開催しています。


=======

【ペタタ絵本講師 養成講座】

絵本と歌あそび、表現遊び、工作遊びなどを組み込むプログラム作りや
子ども(あかちゃん~小学生)への絵本の読み聞かせ方などを学ぶ

『ペタタ絵本講師養成講座』は
只今、受講生募集中です。


第8期は11月から全5回、
第9期は来年6月から開講します。

詳しくはホームページをご覧ください。



※絵本講師養成講座修了後には、認定講座養成講座を受講することもできます。


 

 9月前半のカリキュラムのモビール、

9月後半の壁面絵画とはりこ。
そして、今回の積み木。



どの制作もそれぞれ思考を凝らした素敵な作品が、各回完成していましたが
それらの制作が居積んもテーマをもってが繋がり 作品が一同に並ぶと
まさに圧巻です!



年齢に関係なく1人1匹の動物を描いた壁面のパネルはどんどん継ぎ足されて計8枚、
天井からの動物のモビール、
そして、その空間で 壁面のパネルをぐるっと囲んだスペースに築き上げる積み木の建造物!!



積み木で秘密基地を作るクラスもあれば、アマゾンの川をイメージし川岸に森林や展望台を建てるクラスなど様々です。



ペタタの積み木は基尺(きじゃく)を合わせているとよくお伝えしているのですが、
『基尺』とは、
積み木のサイズ、基本となる寸法のことです。

どんな積み方をしても高さがそろうのでスムーズに積みかげることが出来、空間図形の思考も高まります。

そして、今年はさらに複雑な形の積み木を増やしました。
大きな学年には、あえて基尺の子となる複雑な形の積み木も加えています。



遊びの中で数学的な思考力も育まれ、
なにより共同制作ならではのダイナミックな制作ができます。

ペタタでは年に1回程度のペースで行っている積み木のカリキュラムをとり入れていますが、
これを楽しみにしている子も多く、
積み木を触っている経験が多いほどその特性を上手く活かして
同じ形の積み木から生まれたとは思えない程の美しいレリーフを作ります。

子ども達の力もまた積み上っている様子を感じました。

* ・ * ・ * ・ * ・ *

今回の制作導入絵本は
音の出る仕掛け絵本の『ジャングル』と、
ページを開くたびに写真の動物が動いて見える不思議な仕掛け絵本の『サファリ』の2冊です。
夏に、しかけ絵本を子ども達が自分で作ったので
みんな、しかけ絵本の仕組みに興味”大”です。

また、ジャングルの音の出る絵本は臨場感があって、みんなで楽しみました。

* ・ * ・ * ・ * ・ *

なお、今回は90分まるまる自由に使う共同制作のカリキュラムですが、
奇数月の第1日曜日には積み木教室も行っています。

絵本、個人の図形のパターン遊び、30分共同制作の計1時間です。
対象はペタタに通う生徒さんで、年齢は園児~小学低学年まで、
1回1,000円のオプションクラスとして行っています。

これからも絵本から広がる子ども達の創造力を
ぐんぐん育むことのできるカリキュラムを行っていきたいです。


アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス