カテゴリ 2014年7月アーカイブ

ペタタの夏のイベントは、恒例の「親子アートサイエンス教室」

今年も、国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金の助成を受け、
神戸市教育委員会の後援で開催しました。

毎年大人気の、北野貴久先生の理科実験ショー
とにかくオモシロイ!
「お~~っ!なるほど~~~(≧◇≦)」って大人も思わず声をあげてしまうほどで
年齢に関係なくとにかく楽しい時間です!

DSC01347.JPG

 

ペタタのイベントは3年ごとに中身が大きく変わります。

北野先生の実験ショーも今年が3年目。

毎年、参加してくれている子や、

このショーをきっかけに夏休みの理科の自由研究をやりました!!
という子もいて、嬉しい限りです。

DSC01336.JPG

 

そして、ペタタのイベントの特徴は
お父さんの参加率がとても高いということ。

育児を楽しんでくれているお父さんに感謝なのですが、

さらにさらに!今年からは 
当時参加者だった中学生や高校生がボランティアでお手伝いもしてくれて
まさに、多世代&地域をつなく素敵なイベントになってきました!

 
もちろん、イベンとの最初は
読み器替えです。

今回の導入絵本は「ちびうおのうそみたいなホントのはなし」です。

DSC01312.JPG

もちろん、神戸スイミープロジェクトの協力もあり絵本「スイミー」も紹介!

魚の世界のワクワクした不思議気分を満喫して
会場全体を深海にみたてます。

当日、魚の形に切り裏に願い事を書いた小さな魚たち。

DSC01316.JPG

 

 

それらが集まって、大きなスイミーの完成!
 

 DSC01361 (2).JPG     

 

みんなでカウントダウンし、暗転後 一斉にブラックライトが光ります☆

DSC01362.JPG

 キレイ~~(≧◇≦)

DSC01333.JPG

 

 

 おもしろ理科工作は「浮沈子」
ペットボトルを押して浮き沈みする浮沈子は、古い!??
なんと、今回は
表面張力を利用したニュータイプの
『手を使わずに浮き沈みする 浮沈子』です!!





 

DSC01349.JPG

DSC01354.JPG

DSC01352.JPG

 

不思議な動きに、みんな夢中!
大人も子どもも楽しめて、とっても勉強にもなりました。

夏休みの楽しい思い出になれば・・・と心から願っています。

 

『アトリエペタタの親子アートサイエンス教室』

国立青少年教育振興機構子どもゆめ基金 助成活動

講師:北野貴久(村野工業高校教師)

    石橋幸子(NPO法人アトリエ・Petata理事長)

後援:神戸市教育委員会

協力:神戸スイミープロジェクト

主催:NPO法人アトリエ・Petata

 

 

7月前半のアトリエは、深海作り。

前回6月後半は、絵本「にじいろのさかな」を読んで
紙粘土の魚を作りましたが

今回は、その魚を泳がせるベースの「深海」を作っています。

絵の具で思いっきりべたべた大胆に・・・ということですので
まずは、いろんな色を画用紙にベタベタしてウォーミングアップ

DSC_0717.JPG

この紙を自由に切って、お友達の紙と交換するなどして
魚を作ります。

とっても素敵な魚たち!

DSC_0838.JPG

 今回の導入絵本は「しんかいぎょ」です。
 

さて、
今回作った魚も合わせて貼りつけられるように、
ベースとなる深海を作ります。

 

透明シートに絵の具をのばしていきます。

DSC_0718.JPG

 

青色だけじゃなく
水色、黄緑、白、ピンクも少しづつ。

 

どんどんダイナミックになっていきます・・・。

DSC_0846.JPG 

DSC_0796.JPG

どれが絵の具で、どれがブルーシートか…わからない。
 

DSC_0844.JPG

DSC_0760.JPG

これは、家ではできないわ・・・(´艸`*)
 

あ~~楽しかった!!と子ども達は大満足。

DSC_0802.JPG



お母様方、お洗濯大変だったと思います。
ありがとうございました。
 

毎年恒例の、ペタタの親子アートサイエンス教室☆
 

今年も、ペタタの読み聞かせ・理科工作・クラフト制作
北野貴久先生のオモシロ~~イ理科の実験ショー

そして、今年は
神戸スイミープロジェクトのご協力で
クラフト制作をスイミーにアレンジします。

 

今年のテーマは『深海』
会場を子ども達が作った魚が取り囲みます(^^)

 

ちなみに、北野貴久先生は
現役の高校の理科の先生であり、TVなどでも活躍中。


たとえば、科学の観点から次々とスプーンを曲げたり
おへその上で本当にお茶を沸かしたり

超能力ではないんです、全て科学です!と、次々と楽しいショーを展開され
会場は笑いあり、驚きアリ(´艸`*)


子どもはもちろん、
大人でも楽しめ、理科の魅力を再発見できますので
お楽しみに!

DSC_0610.JPG

(写真:北野貴久先生)

 

そして、理科工作は、『手を使わないで浮き沈みする浮沈子』です!

ペットボトルを押して
ボトルの中で魚(しょうゆタレ入れ)が浮き沈みする浮沈子は、
もう、古い!??

「表面張力」を使ったニュータイプの浮沈子です。
夏休みの理科実験のヒントに、きっとなるはず(^^)/

 

また、クラフト制作では、参加者ででスイミーを作り
クライマックスでは
ブラックライトでライトアップ。

みんなの願い事が大きな夢の魚となって会場で光ります。


日時 7月27日(日) 午後1時~3時

会場 兵庫区役所 地下 大ホール

募集人数 親子40組

 

参加費 親子1組 1,000円です。(お子さん1人追加につき プラス500円)

持ち物 空のペットボトル(500mlで洗ったもの)

 

お申し込みは メールinfo@npo-petata.net

またはお電話で(078)351-1415

 

申し込み締め切りは、7月15日 
お申し込み多数の場合は、抽選となります。

抽選結果は当選の有無にかかわらず、翌日の16日にご連絡いたします。

(万が一 17日以降、連絡がない場合は、お知らせください)

 

お申し込みをお待ちしております。

 

主催:NPO法人アトリエ・Petata

講師:北野貴久(村野工業高校 教諭)
    石橋幸子(NPO法人アトリエ・Petata理事長)

国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金 助成活動

後援:神戸市教育委員会

協力:神戸スイミープロジェクト

10433901_685073638238334_4132885777864404789_n.jpg



 

 

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス