カテゴリ 2014年1月アーカイブ

 

来月、市内の小学校へ、造形指導に行きます。

2分の1成人式ということで、10歳の小学4年生が対象です。

 

砂絵のフォトフレーム作り(^^)/

当日の2分の1成人式の様子の写真を

その場でプリントアウトしてフレームに入れて持ち帰ります。

 

砂絵の砂は、少量で高いイメージがありますが

ペタタでは手作りです。

これですと、好きな色が大量に作れ、

さらにオリジナル(!?)ブレンドしたりすることもできます(´艸`*)

 

昨年夏にジェルキャンドルで使用した砂も、カラフルでと~っても綺麗でした。

たくさん使えて本当に楽しい!

 

さて、今回の小学校用の砂ですが

そちらの小学校のPTAのお母様にもお手伝いいただき

10kgの砂を着色しました。

専用の砂を使います。

ジェルキャンドルの時よりも 砂の粒を小さくしています。

DSC_4286.JPG

 

ペタタの子達は、当たり前のように砂に色を付け

当たり前のように大量にカラーサンドを使っていて

私も初心を忘れていたのですが、

初めて色付けを体験するお母様は「楽しい♪楽しい~(^^)/」・・・と。

 

え??そんなに楽しんでくれるのなら、色付けからやったらよかったかな~。

という話になりましが、

実は、当日は、砂絵の制作だけでなく、「ラムネ」も作ります。

あの、食べる「ラムネ」(#^.^#)

 

内容が盛りだくさんになりますので、、今回は、染める手順だけを見せて

実際使う砂は、

事前に砂を染めておくことになりました。

 

スプレーにアクリル絵の具を混ぜて

DSC_4287.JPG

スプレーを吹きかけ

DSC_4288.JPG

 

何度も何度も吹き付けて混ぜます。

DSC_4290.JPG

 

 

そして、完成です!!

後は、乾くのを待ちます。

DSC_4292.JPG

当日、このカラーサンドが

どのように作品になるのでしょうか?

とっても楽しみです(^^)/

 

 

読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

見学・体験教室 随時受付中

お申込み・お問い合わせはメールまたはお電話で!

 

メール inho@npo-petata.net

TEL (078)578-2220

 

園や児童館、小学校への出張教室も行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 1月後半のアトリエペタタの制作は おもしろいタイルを使った制作です。

普通のタイルを砕いたものだけではなく、

ハートや四角、六角形などのタイルが並びます。

 

たくさんのタイルを前に、さあ~何を作ろう!??

紙の上に並べてイメージできれば、

作品を貼りつけていきます。

 

まずは、木の土台にボンドを伸ばします。

DSC_4211.JPG

 

手についたたっぷりのボンド!!気持ちいぃ~と大はしゃぎ(^◇^)

DSC_4214.JPG

 

DSC_4213.JPG

 

木の土台の上に 着色した粘土を伸ばし、

イメージしたタイルを貼っていきます。

DSC_4247.JPG

 

それぞれ個性的!

とっても素敵なタイルアートが完成です(#^.^#)

PhotoGrid_1390801280330.jpg

 

 

 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

もうすぐ節分。

ということで、保育園での造形指導でもオニのお面を作っています。

全学年作りますが、こちらは4・5歳児。

粘土を芯材に貼りつけてオニを作り、着色して完成させました。

所要時間は、2時間です。

 

まず、導入の絵本は『かえるをのんだととさん』

日本の昔話ですが、4歳ごろから楽しめる絵本です。

楽しめるというよりも、大うけです。

節分のオニの話が出るので、ペタタでも 節分の頃に読みます。

DSC_4193.JPG

 

 

さて、自分が作るオニは、

ツノが何本で何色で・・・とイメージしたところで

制作に入ります。

 

芯材に木工用ボンドをのばして、紙粘土をていねいに貼り付けていきます。

DSC_4191.JPG

 

手が汚れるのが嫌でボンドを触りたくない、という子が多いのですが

こちらの園の子達はむしろ「ボンドのばすの気持ちいい~~~(^^)」といって大はしゃぎです。

DSC_4194.JPG

 

紙粘土が貼れたら、色付けです。

PhotoGrid_1390367467634.jpg

 

そして完成!

かっこい~~!!

DSC_4202.JPG

DSC_4201.JPG

 

「あ~、おめん、早くかぶりたい~。!

なんでか 言ったろうか?

みんなでオニになってなぁ、外から来たオニを追い出すねん~。」

って元気よく男の子が話してくれました。

 

え?みんなオニ(*´Д`)??

なんだか楽しそう。

 

私は、このぐらいの年齢の子がお話しするときに

「なんでか言ったろうかぁ?」って言う様子が大好きです。

可愛い関西弁で、ほとんどの子が会話中に入れています。

子どもって、本当にオモシロイ!

 

1・2・3歳児さんの制作模様も、また後日アップします。

 

 ☆読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

体験・見学 随時募集中

 

☆幼稚園・保育園への出張教室も行っています。

 

 

ペタタは、神戸市の兵庫区と中央区のちょうど間にあります。

前の道を渡れば、中央区になります。

 

今朝は、ヘリコプターの音が頻繁に聞こえます。東遊園地の上空を飛んでいるのですね。

東遊園地は、今日は未明から、1・17の集いが行われています。

阪神淡路大震災から19年。

 

復興した神戸の町。

時間の経過と共に 日常の生活においては、震災の事を思い出す日は少なくなってきているかもしれません。

ですが、今日は、次々と止まることなくたくさんの事が思い出されます。

それと同時に、当たり前と思っている日常への感謝、人の優しさ、命の尊さなどをかみしめます。

 

震災を知らない子ども達や、まだまだ復興に時間のかかっている東日本大震災の被災地の方々を思い

、私たちは何を伝え、今後どうしていくのかを、今日改めて考えさせられます。

 

ペタタにある絵本の中には、震災に関するものもの数冊あります。

これは、1月後半のペタタで読む絵本です。

DSC_4174.JPG

この絵本は、直接、震災の事に触れてはいませんが、東日本大震災をきっかけに書かれています。

 

ランドセルを買った時に、そのランドセルを持つお子さんへ1000日後にお手紙を届けるという素敵な計らいで

小学3年生の女の子宛に届いた1通の手紙は、東日本大震災で亡くなってしまった母からのものだった。

という実際にあったお話をもとにした絵本です。

とっても優しい絵本です。

 

 

DSC_3796.JPG

そして、この絵本は、涙が出て、声に出して読み聞かせすることが出来ない絵本です。

ですが、どうしてもたくさんの人に読んでもらいたい絵本です。

 

 

昨日と同じ今日が、今日と同じ明日が来ると思いがちですが、

そんな当たり前の日々に感謝して、

今日も、これからも頑張っていきたいです。

 

石橋幸子

 

 

今年最初のペタタは、カレンダーを作っています。

導入の絵本は、お正月らしく

人気の「十二支のおはなし」

小さい子のクラスは「おもちのきもち」

DSC_4149.JPG

 

カレンダーは

1月から12月までのカレンダー用紙を吊り下げる、ベースの部分。

 

カラー台紙を使った版画を行います。

 

1年間を飾る図柄は何にしよう・・・?

午年だから、馬かな?などと話したり

お気に入りの絵本を広げ楽しそうに考えています。

DSC_4148.JPG

 

カラーの版画用紙を切り、厚紙に貼り付けます。

DSC_4142.JPG

 

出来上がった台紙に、濡らした和紙を重ねて、色を写し取ります!

 

版画の風合い、とっても素敵な仕上がりです。

DSC_4151.JPG(小1・女児)

DSC_4152.JPG(小2・男児)

DSC_4153.JPG(小1・男児)

DSC_4136.JPG(右から年長/年中/年長)

1番右の女の子は、パパへのプレゼント。パパの職場だそうです。

パパ喜ぶだろうなぁ~(^^)

 

絵本を読んで、想像して、作って仕上げて・・・を1時間半でやってしまう子ども達!

改めて、子ども達の力に感動しました。

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

今年のペタタは1月6日からスタートです。

新年の制作も始まっていますが、その前に・・・

「昨年末のお菓子の家の写真を見せたら、キットはどこに売っていたのかと聞かれたんですよ~。

で、食パンって答えたの」

という声を、数人の保護者の方から それぞれ聞きました。

 

そうなんです。ペタタはキットは使いません。

1辺が10cmほどの小さめの食パンを1斤使っています。

屋根の部分はパン切り包丁で切り落としています。

それにホイップした生クリームをたっぷり塗って

市販のお菓子を貼り付けます。

DSC_4034.JPG

 

キットを使わないところがペタタの子達のすごいところ!

たくさんのお菓子を使って、それぞれのアイデアを光らせます。

DSC_4052.JPG

DSC_4012.JPG

DSC_4032.JPG

 

DSC_4038.JPG

チョコペンは便利だけど固まりやすいので

チョコクリームを絞り袋に入れて使っています。

 

色々なお菓子も貼り付けられますし

ほら・・・このように字も書けます。

こちらは、屋根にメリークリスマス。

DSC_4011.JPG

はしゃぎ過ぎて写真がぶれちゃってるこの子達は、名前を書いています♪

DSC_3957.JPG

色々なお菓子の家が完成しました。アイデアいっぱい!本当にかわいい!

それに、とっても美味しかったです~(^^)/

 

読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタは

見学・体験を随時募集しています。

お問い合わせはメール info@npo-petata.net

または電話(078)578-2220へ。

 

 

 

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス