カテゴリ 2013年9月アーカイブ

 読み聞かせや造形制作を通して五感を使って作文表現。

ペタタと国語未来塾のコラボ塾は、

春休みや夏休みなどの長いお休みの時に特別開催。

第2回目は 2013年夏!

海を表現したキラキラのジェルキャンドルの制作と、海の中の作文。

以下、国語未来塾の藤澤先生のブログです。

 

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

猛暑を乗り越えたこの秋は
新涼と 空の高さが ことのほか嬉しいです。

雨続きの上に、警報さわぎまであった先週に比べ
今週は、お仕事日和。

夏のお片付けと、まとめをしています。

そうそう。夏休みにも素敵なコラボが開催されました。

「造形教室」と「作文教室」を合わせると、
こんなに楽しいことになります。

「ジェルキャンドル」で、海の中の世界を作ろう!
そして、想像の羽をどんどん膨らませて
「素敵な海の物語」を書きましょう!


7月終わりには、アトリエペタタのおひざ元、
兵庫区役所で。
8月終わりには、なんと、「国語未来塾」に
出張教室に来ていただきました。

まずは、さっちゃん先生が 「ヤドカリ団地の波電車」という
素敵な絵本を読み聞かせ。

万葉人の 満福レシピ-__.JPG

そのあとは、さっそく ジェルキャンドル作りです。
 

万葉人の 満福レシピ-__.JPG



自分の作った世界にたった一つの「海の世界」にどっぷりつかって、
お次は 物語作りです。
 

万葉人の 満福レシピ-__.JPG




・あるところに~~~という街がありました。
そこは。。。
・そこには~~~が住んでいます。
~~は とっても○○な性格で。。。。

すると、
けれども
ところが、ある日、・・・・(事件が起こります・・・)

★ ここがウデの見せ所!!


・最後は、
・結局、

めでたしめでたし


 

万葉人の 満福レシピ-__.JPG
万葉人の 満福レシピ-__.JPG



こんなかわいい 
世界に一つしかない、素敵な作品の仕上がりです。

21人も来てくれて、どうなることかと思ったのですが、
みんな、一生懸命、いろいろ考えてくれました。

「うちの子は 作文だいっきらいなんですが、
面白かった~と言ってました!」(小3 男子)

「もっと、もっと書きたかった~」(小5 女子)

起承転結と、魔法の接続詞を使えば
けっこう するする いけるんです。

有名作家デビューも、近い?!

夏のコラボは まだまだ続きます。

 

 

 

ペタタの絵本&造形と 国語未来塾の作文がコラボ。

春休み・夏休みなどの長いお休みの時の開催!

第1回目は、2013年春。ちょうど桜の綺麗な時期に開催。

以下、国語未来塾の藤澤先生のブログです。

 

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

テーマは「春が来た!・・・さくら・サクラ」

まずは、「春がきた!」の テーマで マッピング。
みんなが 思いつく限りの春を メモ用紙にどんどん書いて
後で、グループ分けします。

そして、それらは、五感のどこで感じるか みんなで
いっぱい話してから、「春が来た!」作文に仕上げます。
 

$万葉人の 満福レシピ-image.png



みんなで いっぱい話した後なら、
スラスラ書けるのが ふしぎ。

そう、作文は「書く前の 準備運動」が一番大事で
実は、一番楽しいんです合格

午後からは、プロのフリーアナウンサーでもあるさっちゃんが
素敵な声で、絵本の読み聞かせ。
 

万葉人の 満福レシピ-image.png



「さくらの妖精 さくらこちゃんからのお手紙」で
お友達になれるお話をよんでくれました。

そして、万葉集の この 恋する桜の歌を紹介しました。

「去年(こぞ)の春 逢えりし君に 恋にてし
桜の花は 迎えけらしも」 


(去年のお花見で 逢ったあなたに 桜の花さんは一目ぼれ。
だから、今年もこ~んなに見事に咲いて あなたをお迎えしてますよ)


そこで、私たちも、桜さんにお手紙を書きましょう!ということで
春色の パステル調のマーブリングで便箋つくり。。。
 

万葉人の 満福レシピ-image.png



そのあと、実際に 近くの桜の下まで お出かけしました。

そして、桜の花びらが ハラハラ散るのみて
「わあ~、ダンスしてるねえー」
「鬼ごっこだよ~」
「かけっこだよ~。まって~」

五感を フルに使ってじた事が、
心をかす 「感動」につながるんですねえ。
 

万葉人の 満福レシピ-image.png



その 自分だけの感動を、自分の手作りの 春らしい便箋に
心をこめてつづっていきます。

今回は、もう一歩よくばって 春の俳句も作ってみました。
もちろん、色紙も手作りです。
 

万葉人の 満福レシピ-image.png



春らしい、素敵な仕上がりに、子供たちの瞳もキラキラ~。

Nちゃんは、春の間中、リビングに この色紙とお手紙を飾っていてくれたそうです。

「自分の頭の中でひらめいたことを、実際に文字にしていく…」

何気ない作業ですが、
すべての教科 いえ、生きる力につながる
一生モノの能力を 
「アトリエぺたた」と「国語未来塾」は 
培っていきたいね~と 思っています。

(コラボは、次々 つづきます・・・)

ペタタの絵本&造形と、国語未来塾の作文教室がコラボ。

春休みや夏休みなどの長いお休みの時に特別開催。

 

そして、2013年の夏休みは、ペタタ近く兵庫区役所地下ホールと国語未来塾(東灘区)で、

2回に渡って開催しました。

 

夏はどちらも 海の中を表現したキラキラのジェルキャンドルを作りました。

絵本は、兵庫区が『やどかりだんちのなみでんしゃ』、

兵庫区より少年齢が高い小学生が対象の東灘区が『チビウオのうそみたいなホントのはなし』

 

海の中の素敵なお話作りにピッタリの絵本です。

 

以下、国語未来塾の藤沢先生のブログです。

 

☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆

 8月最終週の 国語未来塾は、

待望の「アトリエぺたた+国語未来塾」開催音譜

中高時代の友人の「さっちゃん先生」が、
忙しい中をかけつけてくれました。

7月に兵庫区役所で 行ったときは、21人と大所帯でしたが
この日は、11人。

ちょうどいい感じで、始まりました。

まずは、さっちゃんの『チビウオのうそみたいなホントのはなし』という
なんともかわいい、空想力をたっぷり刺激する絵本を読み聞かせ。

ちっちゃくて、目立たないお魚の「チビウオ」くんは
みんなが、びっくりするようなお話を考えるのが大好き。
遅刻の理由を、毎朝たっぷりお話するのです。
「おばけイカにつかまっちゃった・・・」
「難破船で、宝箱に閉じ込められて、人魚にたすけてもらったよ」
ところが、ある朝、ほんとに、漁師の船につかまっちゃって。。。。


万葉人の 満福レシピ-image.png

海の中の生き物たちの絵もとってもリアルだし
何より、フリーアナウンサーさっちゃんの やわらかい声に
高学年の子供たちもぐんぐんひきつけられます。

こうして、まずは、絵本で海の中をのぞいたあと、
実際にジェルキャンドルを作ります。

色んな色の砂をまずは敷き詰めて、

$万葉人の 満福レシピ-image.png

サンゴや、お魚、きらきら光る沖縄ガラス
小さい万葉人が沖縄で採ってきた ミニサイズの貝殻も大活躍。

$万葉人の 満福レシピ-image.png

そこに、この日は大サービス。
透明なジェルに 水色をたして、
ほんとに海の中のような ジェルキャンドルです。。。

万葉人の 満福レシピ-image.png

そして、できあがったのが こちら・・・・

$万葉人の 満福レシピ-image.png

ほんとに、11個の すてきな海の世界がひろがったところで
つぎは、「海の中の物語」のはじまりはじまり。。。

今回は、いつもの教室で いつもの雰囲気で


起・・・あるところに・・・
承・・・そこには ○○という・・・が
転・・・ところが、・・・
    きゅうに・・・
    大ピンチ!

結・・・さいごは、
    結局・・・
めでたし・めでたし


最初に 「ちびうお君」のお話を読んでもらっていたので、
その構成になぞらえて、書いていきました。

万葉人の 満福レシピ-image.png

★(小2・女の子):『しんじゅの光るきれいな海』
海の底に、特別な日にだけ光る真珠のある町がありました。
その日は、お魚の水玉ちゃんのお誕生日でした。
それなのに、真珠がひかりません・・・

★(小2・男の子):『そら色君のぼうけん』
お魚のそら色君は 毎日 こうえんで あそんでいました。
ある日、とおくの サンゴ町まで一人でぼうけんに いくことにしました。
とちゅうで 大きな魚がおそってきて・・・・


★(小5・男の子)『サンゴの城』
ある海の底に 立派なサンゴの城がありました。
その国の魚たちは平和にくらしていました。
ある日、一匹の勇気ある魚が、
『いつも見上げているあのサンゴの城に
今日こそは、入ってやろう!』と計画しました。。。。

★(小6・女の子)『旅のはてに 見つけたおうち』
ある海の底の町に、小さな魚の家族が住んでいました。
一番上の女の子が、そろそろ違うおうちをさがして
一人で住みたいなあと思い始めました。
そこで、いろいろな 貝殻の家をさがしてみました。
・・・ひろーい、ひろーい海の底をどんどん旅していきました。
うーん、ここは、小さすぎる


うーん、ここは、うるさすぎる。。。
あっ、これはいいな!ちょうどいい。ここがいい!・・・

・・・そこはなんと、……前に住んでいた自分のおうちでした。……



高学年になると、しっかりとオチのついた物語が出来上がります。
低学年でも、起承転結を意識して書くと、
ほんとに、ハラハラドキドキの 素敵な物語ができます。

どれも、これも、宝物。

作文は 「書く前の 準備段階でいかに書く気にさせるか!」がポイント!
ということを、このコラボレーションを通じて改めて実感しました。

2,3行書くのがやっと・・の小2男子も、
最後まで投げださず、仕上げて、ごきげん!!

人数、学年に合わせて、ぴったりの絵本を選んでくれるさっちゃん先生の
おかげで、今日も素敵な教室になりました。

集まった子供たち全員が
「また、やりた~~い!」

このコラボレーション、ますますたのしくなりそうもみじ
そろそろ、『秋の企画』を練り始めますもみじ

お楽しみに~~~

 

 9月は、神戸会場・姫路会場で 3回に渡って

兵庫県内の保育士・保育従事者研修の講師を行いました。

テーマは、『絵本から広がる造形制作』です。

DSC_3121.JPG

3時間の研修で

前半が、絵本の読み聞かせ方・絵本紹介・造形制作実例紹介

後半が、実技「ランプシェード」の制作

机に広げた和紙を、自由に染め、ボンド水で貼り合わせた

それぞれ色合いの違う とっても優しい灯り。

最後に一斉点灯した時には、自然に拍手がおこりました。

充実した素敵なひと時でした。

PhotoGrid_1379586767961.jpg

神戸市内の児童館への派遣講師として

今日は渦森台児童館へ行ってきました。

 

渦森台から見渡す 今日の神戸の景色は、

秋らしい綺麗な青い空が広がって とっても気持ちよかったです。

 

さて、今日の対象は2歳児の親子 26組。

 

絵本→うたあそび(おてて遊び)→紙芝居→マラカス工作→作った楽器で一緒に歌う

という盛りだくさんの45分でした。

 

アコーディオンも弾きました!

珍しい楽器に興味津々。

PhotoGrid_1379481049292.jpg

 

マラカスは、

紙コップをベースにした かわいい『お猿のマラカス』

お顔に口や鼻を描いて、ママと一緒に作りました。

 PhotoGrid_1379482796178.jpg

次回は、来月。 清風児童館へ行きます!

 明日から3連休。神戸はお天気が下り坂とか・・・。

ペタタは連休中ですが、土曜と月曜は、通常通り。

そして、15日の日曜は、

大阪ガスクッキングスクールへ出張講師として行ってきます。

 

JR神戸駅の南東に隣接する HDC(ハウジング デザインセンター神戸)の2階

大阪ガスクッキンッグスクールで

お月見うさぎの可愛いメニューをクッキング!

 

PhotoGrid_1379030375401.jpg

 

もちろん、クッキングはプロの先生にお任せして

ペタタは、講師・制作指導協力として、

お月見関連の絵本の読み聞かせと、

和テイストの素敵なランチョンマットの制作。

 

午前の部は10:30、午後の部は14:00から。

お問い合わせは、大阪ガスクッキングスクール

(078)360-6137

まで、お願いいたします。

 

神戸市兵庫区の未就園児の親子を対象にした

「H25年度 兵庫区 地域子育てフェア」が

兵庫区社会福祉協議会の主催で 11日に開催され、

ペタタも協賛しました。

 

なんと200組以上の親子が参加。

熱気溢れる会場で

私、石橋も 司会のボランティア。(司会は本業の1つなので)

DSC_3040.JPG

ゆるきゃらも7体集合。

 

兵庫区の子育て支援団体がそれぞれ手づくりした商品を並べるお店やさんや、

子どもと一緒にたのしめるコマやロケットとばしのゲーム屋さん。

もちろん全て無料。

 

私も子育てしてる頃に

こんなイベントに参加してみたかったなぁ。

って感じる素敵な1日でした。

 

石橋 幸子

 

 

 

 

 9月前半の絵の具を使った色面表現。

やってみたかった様々な色付けを楽しんでいます。

ボールに絵の具をつけて転がすとできる軌跡。

自分の前にボールが転がってきたら手でポンと優しくボールを打って誰かにパス。

・・・ですが、次第にエスカレート!

線が入り乱れてオモシロイ模様に。

DSC_3001.JPG

絵の具まみれ・・・。

 

もちろんスパッタリングに色水スプレー。

マスチックと言う不思議なローラーで絵の具を塗ったり、

 DSC_3027.JPG

 

天井からヒモでつるした絵の具の袋の先を切って、

グルグルまわす絵の具の振り子。

DSC_3030.JPG

この、絶妙な色合いの和紙で、

ランプシェードや張り子を作っていきます。

 

夏休みと夏アトリエも無事終わり、

ペタタも9月のカリキュラムに入っています。

個人制作をした夏アトリエと違い

今月は結果を求めない作品作りの「色面あそび」。

広げた和紙に、年齢に合わせた技法で色づけをダイナミックに色づけしていきます。

各クラスの、めちゃめちゃ絵の具まみれの様子も、また随時アップしていきます。

 

ちなみに、2才児の様子。

色水を混ぜてビチャビチャになったら、今度は筆で塗り塗り。

色が変わるたびに表情も変わって、とっても可愛いですよ。

DSC_3022.JPG
アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス