カテゴリ 2013年8月アーカイブ

子ども達の描いた絵がそのまま時計のベースとなる素敵な時計。

2回に分けての制作で、8月前半がその2回目。

ベニヤ板に貼り付けて、装飾し、ドリルで穴をあけて時計のンムーブメントと針を取り付けます。

 

アトリエにも、次々と完成した作品が並びはじめました。

クレパスと絵の具のはじき絵もそのまま加工して布に貼り付けています。

とっても可愛い!

PhotoGrid_1376007555229.jpg

この時期にしかかけない絵は、宝物です。

 

夏アトリエ 第2段は「時計の制作」

描いた絵が、まるで布のよう!破れない、しかも縫えるという市販の「らみねーる」という加工をアレンジし

オリジナル時計を作っています。

2回に分けて制作。

布は木工用ボンドで貼り付けます。

手がボンドだらけ!この感触が気持ちいい~!!

DSC_2513.JPG

 

時計もだんだんと、仕上がってきました!

この年齢しか描けない素敵な絵と、可愛い飾り付け。

DSC_2527.JPG

ボンドが完全に乾いて、時計の針がついたら・・・・

世界に1つの時計が出来上がり!

待ちどうしい~!!

キットを使わずすべて手作り。楽しい制作です。

 

 

夏アトリエの第1段は『オーブン陶土を使った陶芸』です。

自由に形が変わる粘土は子ども達が大好きな材料の1つです。

水をつけながら様々な形に変化させ、自分だけのお皿を作りました。おまけに箸置きも!

 

細長いウインナーを1本だけ入れるための専用の細長いお皿や、

好物のお刺身を入れるお皿、餃子を入れるお皿、

夏休みに食べるそうめんの薬味を入れるお皿(シブい!けど、なぜ夏休み限定・・・^^;!?)

と、みんな楽しそうに制作。

 

3色の陶土を自由に使い模様付け。また、白いドベを塗って仕上げる子も。

自由に制作すると、こんなに素敵な作品が!

写真は幼稚園児の作品が中心です。

 PhotoGrid_1375515684597.jpg

制作導入の絵本は「土の色ってどんな色?」

全国の土を集めて紹介した絵本で、この著者の同種のシリーズでもっと詳しいの本は、小学生のクラスの制作導入に使用しました。

土から色とりどりのパステルを作ったり、素敵!いつか、作ってみたいね~と話しながら、楽しく読みました。

 

 

 

 夏休みに入り、何だかんだ言ってるうちに、はや8月!!

ペタタは連日、夏休み期間だけ 

一般の方でも参加OKの「夏アトリエ」の毎日です。

(※夏アトリエのカリキュラムは、オーブン陶土を使った陶芸または切り紙風の不思議なTシャツ染め)

 

夏休みの宿題にもって行こう~という声も多く、

この機会に 自由な発想で楽しんでもらえたら、嬉しいです。

 

さて、夏休みといえば・・・読書感想文や日記なども宿題に!??

そこで先日、五感を使って楽しくアートと作文を表現するコラボ塾を開催しました。

 

まずペタタは、私 石橋が

想像力を刺激するために、海の中の遊園地に向って大潮の時にお出かけする

『ヤドカリ団地のなみでんしゃ』という絵本を読み

 

ヤドカリや魚のオーブン粘、サンゴ、貝などをジェルポットに詰め、

カラフルな何色もの砂を丁寧に自分達で敷き詰めた

とっても素敵なジェルキャンドルの制作を!

 

そして、国語未来塾の藤澤好恵先生(実際は大学の先生ですが、小学生も教えていらっしゃいます)が

海をテーマにした物語を自分達で作り表現する楽しい作文教室を行いました。

 

20人の子ども達と一緒に、2時間の時間、

前半と後半にわけて1時間づつ、工作と作文を楽しむ時間を過ごしました。

 

PhotoGrid_1373944694129.jpg

 

PhotoGrid_1375439360496.jpg

 

 

ペタタと国語未来塾のコラボ塾は、冬休みも開催予定です。

また、日が近づきましたらブログまたはメール配信でお知らせします。

お楽しみに!

 

アトリエペタタ教室のトップページはこちら

以前のブログ

blogspot

アメブロ


読み聞かせと造形の子どものアトリエ・ペタタ

アトリエペタタへのアクセス